TEL:045-534-4700
tour@outdoor-world.jp



お客様・添乗員の体験記

イタリア コルチナスキー

2012年3月、宇都宮のスキークラブ13名のグループに同行してイタリアのコルチナ・ダンペッツオに向かう。 参加者の半分近くは海外スキーの経験者で世界中色々なスキー場に行ったことがある。
私も何を隠そう、30代前半でスイスのツェルマットでスキーガイドをしていたし、帰国後海外スキーツアーの専門の旅行会社に20年近く勤めていたので、ヨーロッパだけでなく世界の有名スキー場にはほとんど行って滑った経験があるのだ。
ところで、スイス航空は昨年から受託手荷物のレギュレーションが変わり、スキー1セットとスーツケース2個までが無料となった。なので全員が自分のスキーを持参する。チューリッヒで乗り換えてベニスへ、ベニスから専用車で約2時間でコルチナに到着。ホテルの外の温度計を見ると7度もある、暖かい。翌朝起床してすぐに温度計を見ると、5度もある、嫌な予感がする。スキーガイドと一緒にまずはファローリアのスキー場へ足慣らしに出かける。街のなかをスキーバスが走っているので、それに乗車してゴンドラステーションへ向かう。天気がよく素晴らしい景色のなかで滑り始めるが積雪量は少ない。コースにしか雪がついていないよいうな状況だ。クリスタッロのゲレンデに移動してランチをする、午後になると天気が悪くなってきた。
2日目は昨日と反対側にあるトファーナのスキー場へ、残念ながらガスっているので景色が良くない。雪がガンガン降ってきたのでホテルに戻りショッピングに出かける。コルチナの街はとても高級感があり、雰囲気が素晴らしい。メインの通りは歩行者天国になっており、高級ブランド店がずらっと並んでいる。我々はコープに行ってビルやワインを仕入れてきた。
 
3日目は今回の目玉、「セラロンダ」に挑戦する。セラロンダとは、コルチナからバスで1時間ほど西にあるセラというとんでもなく大きな山塊を時計回りに1周すること。リフトに上がっては滑りを繰り返して1周するスキーサファリだ。天気は快晴なので全員元気よく滑り始めるが、休みがないので段々と疲れ始めてくる。何とか昼食のレストランまでたどり着くが、これでやっと半分。途中、コースもリフトもたくさんあるので、セラロンダのルートを覚えるのは大変だ、スキーガイド氏に感心する。昼食後、さらに2時間以上滑って出発地点のアラッバの村まで戻ってきた。
4日目はもう一つの目玉、ファルツアレーゴ峠からゴンドラでラガッツオーイ(2,778m)の展望台に上がり、アルタ・バディアスキー場への大滑降を楽しむ。今日も快晴でコンディションは最高。2日目にかなり降雪があったので積雪量は申し分ない。絶景のなかでのダウンヒルとなった。アルメンタローラからは、馬車にロープを垂らしてそのロープに何十人というスキーヤーを引きずって移動手段としている珍しいシステムを体験する。ようするに、コースが平らになってしまったので、スキーをこがなければならず、馬車で引いて行ってもらおうということ。結構スピードがあるので、途中で数人がこけてしまい、後ろのスキーヤーが乗り上げてしまった。私のお客様も数人転んでしまったが全員怪我がなかった。結構あぶないことを平気でやっている、イタリアらしいと言えばそれまでだが。。。。 コルチナの街にはスキー場は二か所だが、周辺はドロミテと呼ばれる広大なスキーエリアが広がっている。帰路はローカルバスを乗り継いでコルチナに戻る、スキーパスを持っているのでもちろん無料。
  
5日目、6日目もコルチナのスキー場を滑る、連日快晴なのでみなさん少々お疲れ気味。初日は雪がなかったが、2日目にドカ雪が降ったのでまったく別のスキー場のように雪がたっぷりとあり最高の海外スキーを楽しむことができた。お土産は「生ハム」とワインがお勧めです。 【添乗員の体験記】
 

パタゴニアハイキング

2012年2月、地球の裏側チリとアルゼンチンにまたがる山やの憧れ「パタゴニア」に22名のお客様をお連れする。アメリカ経由でアルゼンチンの首都ブエノス・アイレスまで入り、さらに国内線でエル・カラファテに到着したのは2日目の夕刻だった。 3日目早速チリのパイネ国立公園に向かう。カラファテからのバスはアルゼンチンのバスなので国境でチリのバスに乗り換える。パスポートのチェックと荷物の検査も行うことになる。国境を越えてさらに1時間半ほど走ると、何と素晴らしいルビー色の湖の向こうに「パイネの塔」や「パイネグランデ」の山々が見えた。

一同記念撮影をして「口々に、大変なおもいをして来たけど来てよかったあ~」。この日は周辺の湖をはしごしてたっぷりと撮影タイムを取る。移動中、野生のグアナコがそこらじゅうを走り回っていた。 夕刻、草原に建てられたホテル ラストレスに到着。木造の2階建てで部屋も広く、バーやレストランの雰囲気もいい感じだった。 
4日目はノルデンフェールド湖周辺とパイネの塔の氷河湖を目指す二つのチームに分かれてパタゴニアでのハイキングを楽しむ。天候は良かったがかなり風が強かった。 5日目はパイネ大滝とパイネの角を見ながらのハイキングを行うが途中で雨が強くなってきたのでバスに引き返しカラファテに戻る。パイネからカラファテまでは約4時間。カラファテ(アルゼンチン)まではチリのバスで戻ることができるのだ、とても不思議。
6日目よくテレビや写真で見るペリト・モレノ氷河のクルーズに出発する。氷河の大きさに感激。下船後、展望台の周辺を歩いて写真を撮りまくる。快晴なので氷河の眺めは最高だった。

昼食後いよいよ「フィッツ・ロイ」を見るためにエル・チャルテンの街に移動する。バスで約4時間、途中、遠くに三角形に尖ったフィッツ・ロイの山頂が見えた。夕刻到着、陽が長いので街を散策するが風がかなり強い。7日目は朝から弱い雨が降っていた。山岳ガイドと共に有名な岩峰セロ・トーレの眺めが素晴らしいトーレ湖を目指してハイキング。雨も降ったりやんだり、ガスも出たり上がったりの天候なのでチームを二つに分けて出発。トーレ湖までの往復は約7時間ほどだが急な登りもなく、ちょうど湖に着いたころにはガスも上がったので湖畔でランチをとる。湖の両側はするどい岩峰群が囲んでいる。街に戻ってきたころにはすっかり雲が上がっていた。全員街を散策する。8日目は朝から快晴、フィッツ・ロイの眺めが素晴らしいカプリ湖を目指してハイキング。みんなとても足が軽そうだ。2時間ほどで展望台に到着、唖然とするほどの絶景を目の当たりにする。本当にすごい、ここまで来たかいがあった。今まで写真でしか見たことがないパタゴニアのフィッツ・ロイを自分自身が見ている。お客様も大喜びで写真を撮るのに夢中だ。 午後、街に戻りバスでカラファテの街に移動した。カラファテではショッピングタイム、有名なパタゴニアワインやカラファテの実のジャムなどをお土産に買いこんでいた。
 

9日目は国内線でブエノス・アイレスに移動、エル・チャルテンでは朝気温は4度だったがブエノス・アイレスは半袖でも汗がでる真夏の気候だった。夜は名物の焼き肉料理「アサード」を食べてから、アルゼンチン・タンゴのショーを見に出かけた。ホテルに戻ってきたのは真夜中だった。10日目、いよいよ最終日。市内の観光をして空港へ向かいアメリカ経由で再度長い旅をして帰国する。全員大満足のパタゴニアハイキングツアーだった。添乗員としても天候に恵まれラッキーで素晴らしい旅をお客様に提供できてホッとしている。 【添乗員の体験記】

続アメリカ自転車ツーリング

添乗員の体験談

≪2011年4月続アメリカ自転車ツーリング13日間≫

昨年と同じく連休前の4月27日に昨年と同じシンガポール航空で成田を出発してロサンゼルスへ向かう。昨年は16名、今年は8名のお客様をお連れする。シンガポール航空は自転車の追加料金がかからないので助かる。ユナイテッド航空やデルタ航空は片道200ドルとられてしまう。ロサンゼルスからキャンピングカーとミニバンに分乗してリッジクレストのホテルへ向かう。到着後、早速自転車の組み立てを行う。幸い全員の自転車は壊れたところもなく試走を行う。

2日目快晴 朝デスバレーの西にあるスタート地点に向かい自転車ツーリングの始まり。いきなり標高差900mの峠への急登となり、まだ時差ボケの体には苦しいようだ。何人かは途中でギブアップして峠までミニバンで送り届ける。標高1500mの峠からは一気に下りが始まる。

海抜0m までの標高差1500mのダウンヒル、みんなが歓声をあげて下って行くのがわかるようだ。私はミニバンで最後からついて行く担当、峠を下り始めてすぐのカーブで人だかりがありすぐに事故だと直感した。私たちのグループではなくハーレーダビッドソンのバイクが横転して運転していたアメリカ人が血だらけになっていたが、軽傷ですんだ様子だった。峠の下りは細心の注意が必要、特に自転車はスピードが出すぎてしまうので。

途中の休憩地点に着くと参加者はお疲れの様子だった。無理もない、気温は40度以上でドライアーの熱風の中でのツーリングのような感じだろう。

夕方、推定145kmを走って最終地点海抜マイナス86mのバッドウォーターに到着。

キャンピングカーに自転車を積み込んで今日の宿泊地ラスベガスへ向かう。

 

3日目快晴 今日は自転車はお休み。ラスベガスからレイク・パウエルの湖畔の街ページへ移動する。到着後、テレビのコマーシャルでもよく目にする、アンテロープキャニオンを見学に行く。

4日目快晴 ページからカイエンタまで約100knのツーリング。ゆるい上り下りがあるが車が少なく走りやすい。景色も変化があり素晴らしいサイクルロードだ。

 

5日目快晴 アリゾナ州カイエンタからニューメキシコ州の国境まで約130kmのツーリング。気温が低く10度を切っている、参加者はウインドブレーカーやエリマキ、毛の手袋などで防寒しながら走るがなかなか体温が上がっていかない。途中に食事をする場所がないのでキャンピングカーで食事を作り参加者に提供する。キャンピングカーは便利だ、トイレもキッチンあるので自転車ツーリングには絶対にかかせない。夕方自転車を積み込んでカイエンタに戻る。

 

6日目晴れ 昨日の終了地点のニューメキシコ州の国境まで移動して、そこからツーリングを再開する。今日はブルームフィールドまでの約105kmのツーリング。途中大きな街があり2度ほど信号を曲がることになる。車の量が増えてきた。アメリカではあまり道を曲がることはないが、信号を左右に曲がる場合は車の走行車線に入って車と一緒に曲がることが多い。

 

7日目晴れ 今日はニューメキシコ州の田舎町キューバまでの約145kmのツーリング。ブルームフィールドの街を出ると車の量は激減、道もきれいに舗装され自転車が走りやすい。かなりの上り下りがあるので今日は結構厳しい1日となる。夜はキャンピングカーを止めているRVパークでバーベキューパーティで盛り上がった。

8日目快晴 道幅が狭くなる山の中の道を通りエスパノーラの街までの約130kmのツーリング。後半は上り下りが多くなり皆さん結構苦労している様子。今日も食事をする場所がないのでランチはキャンピングカーでカレーライスを提供した。

 

9日目快晴 今日は走行距離は50kmチマヨの街で「サントワリオ・デ・チマヨ教会」を見物。その後285号線フリーウエイまでツーリングするが、フリーウエイの手前で自転車を積み込んでサンタフェの街へ移動する。サンタフェではゆっくりとランチをとり、街のなかを観光した。アメリカ最古の家やロレッタ教会、ザ・プラザなど見るところはたくさんあり皆さん久しぶりにのんびりと観光気分に浸っている様子。

10日目快晴 今日はツーリングの最終日。アルバカーキ郊外のゴールまで約85kmのツーリング。全体的に上りが多いが車の量は少ない。道路状態も非常にきれいに舗装されているので走りやすい。アルバカーキが近づくにつれて車が多くなってきた。最後に長い坂を一気に下ってゴール地点となる。自転車の事故がなく無事終わることができた。

 

アルバカーキのホテルへ移動。翌日飛行機でロサンゼルスへ移動するが、自転車は追加料金200ドルかかってしまうので、キャンピングカーに積んで今日夜ロサンゼルスまで搬送することにする。

11日目晴れ 国内線のフライトでロスアンゼルスへ移動。到着後市内観光に出発し、ハリウッド、リトル東京、チャイナシアターなどを見物する。昨年同様、毎日好天で雨が全く降らなかった。

12日目快晴 午前、空港へ。シンガポール航空で帰国の途へ。

 

13日目 夜、成田到着

 

*来年は3年目となり、アルバカーキからルート66を通りアマリロやオクラホマシティーを経由することになるだろう。2年後にはシカゴに到着できるのではないか。夢のあるツーリング、来年も無事故で行けることを願っている。

 

添乗員: 山田 功

2011/07グリンデルワルドハイキング

7月1日成田を出発してシンガポール経由の西回りでチューリッヒへ向う。チューリッヒ直行便のあるスイス航空とは料金が10万円近く違うのでお客様に相談してシンガポール航空を選択することになった。

シンガポールでは乗継に時間があるので入国して市内を観光。そして中華街で夕食を食べてから再度空港へ。二階建ての飛行機A380 の真新しい機材に乗りチューリッヒへ向う。

チューリッヒからは大型バスでグリンデルワルドへ向かう。途中、ルツェルンとインターラーケンで散策しランチをとってからグリンデルワルドへ。今回お客様にお泊りいただくのはホテルではなくシャレー(貸別荘)。添乗員の私を入れて13名が二階建ての貸別荘に泊まる。各階にはベットルームが3部屋、キッチン、バス&トイレ、そして非常に広いダイニングルームがある。ダイニングルームは2階からテーブルとイスを移動させて13名全員で食事ができるようにセット。毎晩夕食時に宴会が行われることになる。

 

到着後、全員で駅前のコープへ食料とビール、ワインなどを買出しに出かける。夜は早速ステーキを焼いてパーティーになった。翌朝の朝食からは、「朝食は各自が好きなものを自分で作って食べる」というルールになりパンやハム、卵などは買ってあるので自分で勝手に調理する。日本食やごはんが食べたい人は電子レンジでチンしてごはんを食べることが可能。しかも一戸建ての建物を13名で貸し切っているので騒いだところで何の問題もなくホテルに泊まるより気楽。洗濯機もあるので外出中に洗濯もできる。

2日目からはスケジュールどうり毎日ハイキングに出かける。6日間リフト、ゴンドラ、登山列車乗り放題のユングフラウパスを購入しているので、天気や体調により予定を変更することが簡単なので添乗員としては非常に助かる。ただし、ユングフラウヨッホとシルトホルンに上がる場合は追加料金が必要。

結局滞在中の7日間、昼は毎日快晴でグリンデルワルド中のハイキングコースを歩くことができた。7月初旬なので街なかの花や高山植物が非常にきれいなのが印象的だった。

自分はグリンデルワルドには何度も行っているが、いつも添乗員として行くので8月のお盆の時期ばかりだった。お盆のころではだいたい花の時期は終わっているので、今回のように真っ盛りのお花畑の中を歩くのは初めてだった。

お客様は宇都宮ハイキングクラブの方々が中心となり、その友人の方も数人いらっしゃる

ので、皆さん和気藹々とシャレー泊での滞在を楽しまれていたようだ。

最終日は4名の方はスイスが初めてということだったので、ツェルマットまで片道3時間かけて「マッターホルン」を見に行かれた。ツェルマットも天気が良く、マッターホルンを堪能されたとのこと。

 

帰国の日、早朝各部屋およびバスルーム、ダイニングルームなどの掃除をする。スイスはゴミを出すときの選別が非常にきびしく、ゴミの袋は一枚2フランで買わなければならない。ビンや缶は大きなケースにそのまま捨てることが可能だがゴミステーションがある場所が限られているので車で捨てに行かなければならないシャレーもある。幸い今回泊まったシャレーのすぐそばにゴミステーションがあったので助かった。

 

最後に: シャレーはすごくいいです。まず広い、安い、気が楽、好きなものを好きな時に食べられる。大きさは2人用から6人用の大型まである。難点としては一つ、シャレーによってはバスとトイレが一緒で階に一つしかない場合がある。今回のシャレーもそうだった。

今回は全員が山やさんなので、そんなことは全く気にしなかったが、あまり気心の知れない人と行く場合は事前にチェックが必要。

帰りのバスの中で来年はツェルマットのシャレーに泊まるツアーにしようという声がでていた。

 

添乗員: 山田 功

 

 

 

アメリカ・レーニア山を登る

今回は山仲間5人とエルモンテRVジャパンの山田氏の運転でアメリカ西岸ワシントン州にあるMT.レーニア(4,392m)と活火山のMT.セントヘレンズ(2,550m)の登頂を目的とする14日間の旅にでかけた。

 

 

カナダのバンクーバーで飛行機を降り、専用車で国境を越えてアメリカに入る。エルモンテのオフィスで6人寝泊りできるCS30というバスとほぼ同じ大きさのキャンピングカーをレンタルする。その後マーケットで食料を買い込みMT.ベイカー(3,285m)の麓にあるRVパークへ直行する。
翌日は足慣らしにMT.ベイカーの景色が素晴らしいコースをハイキング。
3日目はシアトル市内の宇和島屋という日本食のスーパーで米と炊飯器を購入、さらに250kmほど走りMT.セントヘレンズの麓の村クーガーのRVパークへ。
MT.セントヘレンズは1980年に突然噴火して山頂部分の400mほどが吹っ飛んでしまった山。現在は1日に100人にしか登山許可がおりない。
5日目早朝4時起床でスタート地点(1,150m)へキャンピングカーで移動。生憎雨が降っているが登り始める。雨はすぐにやみ黙々と火山岩の間を登る。標高差1400mを約5時間で登頂成功。眼下には雲海が広がっている。山頂より火口を見下ろすと噴煙がいたる所で湧き出ている。まさに活火山だ、感激。

 

前日MT.レーニアの麓の村アッシュフォード付近のRVパークへ移動。7日目レーニア登山の基地パラダイス(1,647m)で登山許可を取り登山開始。今日の宿泊地キャンプ・ミューアまでの標高差1500mを6時間ほどかけて登った。運良く山小屋に4人泊まれるスペースがあったので早速シュラフを置いて場所を確保する。2名は泊まらずパラダイスに下山する。
夜中1時頃からまわりの登山者たちは身支度を始めていたが、我々は登頂後もまたこの山小屋に泊まる予定なのでゆっくり明るくなってから出発した。氷河と岩稜で悪戦苦闘するもMT.レーニアの登頂に成功。山頂ではMT.ベイカー、MT.セントヘレンズ、MT.アダムスなど恐ろしく登頂意欲を湧かせる独立峰の景色を堪能する。その後慎重に下り山小屋に到着、ビールが飲みたい。。。
翌日はパラダイスに下るとキャンピングカーが迎えに来ていた。早速ビールで乾杯。

 

その後同じワシントン州のオリンピック国立公園に1泊してバンクーバーに戻った。来年はヨーロッパの有名なハイキングコース、モンブランの周りを1周するツール・ドゥ・モンブランに挑戦しようという話もでているが、どこへ行こうか。

 

 

 

【お問い合わせ・お申し込み】株式会社アウトドア@ワールド 担当: 山田

TEL:045-534-4700  FAX:045-534-4701

〒221-0801 神奈川県横浜市神奈川区神大寺3-18-7

PAGE TOP