TEL:045-534-4700
tour@outdoor-world.jp



2011/07グリンデルワルドハイキング

7月1日成田を出発してシンガポール経由の西回りでチューリッヒへ向う。チューリッヒ直行便のあるスイス航空とは料金が10万円近く違うのでお客様に相談してシンガポール航空を選択することになった。

シンガポールでは乗継に時間があるので入国して市内を観光。そして中華街で夕食を食べてから再度空港へ。二階建ての飛行機A380 の真新しい機材に乗りチューリッヒへ向う。

チューリッヒからは大型バスでグリンデルワルドへ向かう。途中、ルツェルンとインターラーケンで散策しランチをとってからグリンデルワルドへ。今回お客様にお泊りいただくのはホテルではなくシャレー(貸別荘)。添乗員の私を入れて13名が二階建ての貸別荘に泊まる。各階にはベットルームが3部屋、キッチン、バス&トイレ、そして非常に広いダイニングルームがある。ダイニングルームは2階からテーブルとイスを移動させて13名全員で食事ができるようにセット。毎晩夕食時に宴会が行われることになる。

 

到着後、全員で駅前のコープへ食料とビール、ワインなどを買出しに出かける。夜は早速ステーキを焼いてパーティーになった。翌朝の朝食からは、「朝食は各自が好きなものを自分で作って食べる」というルールになりパンやハム、卵などは買ってあるので自分で勝手に調理する。日本食やごはんが食べたい人は電子レンジでチンしてごはんを食べることが可能。しかも一戸建ての建物を13名で貸し切っているので騒いだところで何の問題もなくホテルに泊まるより気楽。洗濯機もあるので外出中に洗濯もできる。

2日目からはスケジュールどうり毎日ハイキングに出かける。6日間リフト、ゴンドラ、登山列車乗り放題のユングフラウパスを購入しているので、天気や体調により予定を変更することが簡単なので添乗員としては非常に助かる。ただし、ユングフラウヨッホとシルトホルンに上がる場合は追加料金が必要。

結局滞在中の7日間、昼は毎日快晴でグリンデルワルド中のハイキングコースを歩くことができた。7月初旬なので街なかの花や高山植物が非常にきれいなのが印象的だった。

自分はグリンデルワルドには何度も行っているが、いつも添乗員として行くので8月のお盆の時期ばかりだった。お盆のころではだいたい花の時期は終わっているので、今回のように真っ盛りのお花畑の中を歩くのは初めてだった。

お客様は宇都宮ハイキングクラブの方々が中心となり、その友人の方も数人いらっしゃる

ので、皆さん和気藹々とシャレー泊での滞在を楽しまれていたようだ。

最終日は4名の方はスイスが初めてということだったので、ツェルマットまで片道3時間かけて「マッターホルン」を見に行かれた。ツェルマットも天気が良く、マッターホルンを堪能されたとのこと。

 

帰国の日、早朝各部屋およびバスルーム、ダイニングルームなどの掃除をする。スイスはゴミを出すときの選別が非常にきびしく、ゴミの袋は一枚2フランで買わなければならない。ビンや缶は大きなケースにそのまま捨てることが可能だがゴミステーションがある場所が限られているので車で捨てに行かなければならないシャレーもある。幸い今回泊まったシャレーのすぐそばにゴミステーションがあったので助かった。

 

最後に: シャレーはすごくいいです。まず広い、安い、気が楽、好きなものを好きな時に食べられる。大きさは2人用から6人用の大型まである。難点としては一つ、シャレーによってはバスとトイレが一緒で階に一つしかない場合がある。今回のシャレーもそうだった。

今回は全員が山やさんなので、そんなことは全く気にしなかったが、あまり気心の知れない人と行く場合は事前にチェックが必要。

帰りのバスの中で来年はツェルマットのシャレーに泊まるツアーにしようという声がでていた。

 

添乗員: 山田 功

 

 

 

アメリカ・レーニア山を登る

今回は山仲間5人とエルモンテRVジャパンの山田氏の運転でアメリカ西岸ワシントン州にあるMT.レーニア(4,392m)と活火山のMT.セントヘレンズ(2,550m)の登頂を目的とする14日間の旅にでかけた。

 

 

カナダのバンクーバーで飛行機を降り、専用車で国境を越えてアメリカに入る。エルモンテのオフィスで6人寝泊りできるCS30というバスとほぼ同じ大きさのキャンピングカーをレンタルする。その後マーケットで食料を買い込みMT.ベイカー(3,285m)の麓にあるRVパークへ直行する。
翌日は足慣らしにMT.ベイカーの景色が素晴らしいコースをハイキング。
3日目はシアトル市内の宇和島屋という日本食のスーパーで米と炊飯器を購入、さらに250kmほど走りMT.セントヘレンズの麓の村クーガーのRVパークへ。
MT.セントヘレンズは1980年に突然噴火して山頂部分の400mほどが吹っ飛んでしまった山。現在は1日に100人にしか登山許可がおりない。
5日目早朝4時起床でスタート地点(1,150m)へキャンピングカーで移動。生憎雨が降っているが登り始める。雨はすぐにやみ黙々と火山岩の間を登る。標高差1400mを約5時間で登頂成功。眼下には雲海が広がっている。山頂より火口を見下ろすと噴煙がいたる所で湧き出ている。まさに活火山だ、感激。

 

前日MT.レーニアの麓の村アッシュフォード付近のRVパークへ移動。7日目レーニア登山の基地パラダイス(1,647m)で登山許可を取り登山開始。今日の宿泊地キャンプ・ミューアまでの標高差1500mを6時間ほどかけて登った。運良く山小屋に4人泊まれるスペースがあったので早速シュラフを置いて場所を確保する。2名は泊まらずパラダイスに下山する。
夜中1時頃からまわりの登山者たちは身支度を始めていたが、我々は登頂後もまたこの山小屋に泊まる予定なのでゆっくり明るくなってから出発した。氷河と岩稜で悪戦苦闘するもMT.レーニアの登頂に成功。山頂ではMT.ベイカー、MT.セントヘレンズ、MT.アダムスなど恐ろしく登頂意欲を湧かせる独立峰の景色を堪能する。その後慎重に下り山小屋に到着、ビールが飲みたい。。。
翌日はパラダイスに下るとキャンピングカーが迎えに来ていた。早速ビールで乾杯。

 

その後同じワシントン州のオリンピック国立公園に1泊してバンクーバーに戻った。来年はヨーロッパの有名なハイキングコース、モンブランの周りを1周するツール・ドゥ・モンブランに挑戦しようという話もでているが、どこへ行こうか。

 

 

 

【お問い合わせ・お申し込み】株式会社アウトドア@ワールド内 担当: 山田

TEL:045-534-4700  FAX:045-534-4701

〒221-0801 神奈川県横浜市神奈川区神大寺3-18-7

PAGE TOP